フロアコーティングや施工業者を賢く選んで最適な環境にしよう

目的別で見るフロアコーティングの種類

床

ペットの怪我を守りたい

滑る床で転倒して怪我や病気になってしまう恐れがある場合は、「シリコンコーティング」のフロアコーティングが適しています。シリコンコーティングは滑りにくい特徴を持っているので、安心して室内でペットを飼うことが出来ますよ。小型犬や活発な猫がいる場合は、滑る危険性を考慮して、シリコンコーティングが良いでしょう。

傷が付かないようにしたい

ペットの爪をお手入れしていても、やはり爪は鋭いのですぐに床が傷ついてしまうこともあるでしょう。このように床の傷を防ぎたい場合は、「UVフロアコーティング」や「ガラスコーティング」などの施工すると良いでしょう。この2つの特徴は傷が付きにくいところです。UVフロアコーティングは塗膜が厚いので中々傷が付きませんし、ガラスコーティングは硬度が優れているので爪による傷などはしっかりと防いでくれますよ。床をいつまでも綺麗な状態に保ちたい人は、この2つがおすすめです。

シミを付けたくない

ペットを飼っていると、どうしても粗相をしてしまうことがあります。しかし、フローリングの床ではその粗相がシミとなって消えないことがあります。ペットが粗相してしまった際にシミになってほしくない場合は、「UVコーティング」が向いています。フロアコーティングを施工すると、お手入れが楽になって簡単なケアのみで大丈夫でしたが、粗相してしまったら話は別です。臭いも残したくないので、消毒をして綺麗にしたいですよね。そこでUVコーティングでは耐薬品性が非常に高いので、塩素系の洗剤を使用しても問題はありません。粗相を頻繁にしてしまう際はUVコーティングで綺麗な状態を保ったまま、掃除しましょう。

目的に応じて種類を選択しよう

フロアコーティングには様々な種類があって、目的やお悩みによって種類を選んでいくことが出来ます。用途に応じたフロアコーティングを選ぶことで、今までの悩みなどが解消されて快適に過ごせるでしょう。飼っているぺットの習性などを確認して相談を行ないつつ、フロアコーティングを施工することが大切です。また、フロアコーティングは技術や薬剤の質によって、仕上がりが異なることもあるので、施工する業者もしっかりと選ぶ必要もありますよ。

信頼できる施工業者を選ぶポイント5つを紹介!

施工した実績数を見る

確かな経験と技術を求める場合は、施行の実績数を確認すると良いでしょう。また、技術に自信がある業者は、施工事例などを詳しく掲載しています。施工数や事例が細かく掲載されているところで、かつ実績がある場合は信頼出来ます。

専門業者かどうか

フロアコーティングはかなりの技術を必要とするので、施工業者は慎重に選びたいものです。そこで、注目してほしいのがフロアコーティングを専門としている業者かどうかとの点になります。中にはフロアコーティングを副業としているところもありますが、そのような業者よりかは専門的に施工しているところが良いです。

コーティングの種類

取り扱っているフロアコーティングの数が多ければ多いほど色々な選択肢が増えるので、豊富な数を取り扱っている業者がおすすめです。あわせて、取り扱うコーティング剤の数だけ技術と対応力があるという証拠でもありますよ。

施工後のサービスや対応をチェック

施工のことだけではなくて、フロアコーティングを施工してもらった後のアフターサービスやフォローについてもチェックした方が良いですよ。フロアコーティングを施しても、場合によっては問題が発生してしまうことがあります。そのような場合に、ちゃんとした保証や対応をしてくれる業者を選べると安全です。

口コミも確認する

実際に利用してみた人たちの評判や口コミも確認して、参考にすると良いです。口コミでは、サービス内容や施工技術、スタッフの対応などをある程度知ることが出来ます。その口コミで、高い評判を得ている業者は、みんなから利用されているので安心して依頼出来るでしょう。

広告募集中